すべてのこどもにこども時間を

loading

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • CCになりたい方へ
  • 訪問を希望する病院の方へ
  • 講演依頼の方へ
  • メディア取材希望の方へ
  • 企業の方へ

支援する

大阪マラソンで活動を支援

大阪マラソン2022寄付先団体 認定NPO法人日本クリニクラウン協会

入院中の子どもたちにこども時間を届けるために、一緒に走りませんか?

第10回大阪マラソン・第77回びわ湖毎日マラソン統合大会
2022年2月27日(日)

日本クリニクラウン協会は、第10回大阪マラソン・第77回びわ湖毎日マラソン統合大会のフラッグシップパートナーとして寄付先団体に選ばれました。
大阪マラソンは、「みんなでかける虹。」を合言葉にチャリティ文化の普及を目指しています。
走る人、支える人、応援する人など、それぞれの「カタチ」でチャリティに参加し、一緒にチャリティを楽しみながら、盛り上げていきたいと思います。

大阪マラソンで活動を支援する方法

その1 一般エントリー時にチャリティカラーで「黄色」を選ぶ

一般エントリーで大阪マラソンに参加することが活動支援につながります。
大阪マラソンは、参加ランナーの方には、エントリー時にチャリティ募金を実施しています。
1人2口以上(1口500円)のチャリティ募金で、日本クリニクラウン協会のチャリティカラー「黄色」を選んでください。
また、チャリティ募金の他にも、大会公式のチャリティグッズなどの購入も支援につながります。

大阪マラソンでは7色のチャリティカラーとチャリティテーマがあり、私たちは、「黄色」になりました。
黄色のテーマは、家族を支えるというテーマで、当協会の他に「認定特定非営利活動法人育て上げネット」の2団体の応援になります。

その2 チャリティランナーとしてエントリーする

  • 【エントリー】

    大阪マラソン公式ホームページの「チャリティランナー申込方法」から「チャリティランナーにエントリーする」ボタンを押して表示される「チャリティランナー申込ページ」から「認定NPO法人日本クリニクラウン協会」を選んで、エントリー

  • 【寄付を集める】

    チャリティランナーとして、自分で寄付することはもちろん、家族や友人等に寄付を広く呼びかけて、寄付を集めることも可能

  • 【大阪マラソンを走る】

    大阪マラソン2022のチャリティランナーとして出走。チャリティランナーはさまざまな特典があるよ!

  • 【入院中のこどもたちを支援】

    皆様から頂いた寄付金は、入院中のこどもたちを支える日本クリニクラウンの活動に!

チャリティランナーとは…

大阪マラソンのチャリティランナーは、「大阪マラソンを走って、楽しみながら寄付を集める人」
大阪マラソンのチャリティ制度に賛同し、支援する団体への支援の輪をひろげる事を目的に、団体の活動への寄付を呼びかけ、目標額7万円以上(チャリティランナー自身の寄付1万円を含む)の寄付を集めて出場するランナーです。
※参加料23,550円(事務手数料を含む)が別途必要

期日までに目標額以上の寄付を募れば、大阪マラソンの出場権を確実に得ることができます。
そして、自分が集めた寄付金は「認定NPO法人 日本クリニクラウン協会」へ寄付され、入院中の子どもたちや家族を支えるクリニクラウンの活動に役立てられます。
皆さまのエントリー、お待ちしております!

チャリティランナーになるには…

チャリティランナーエントリー期間:

2021年9月3日(金)10:00~2021年11月17日(水)17:00

ファンドレイジング期間:

2021年9月3日(金)10:00~2022年1月25日(火)23:59

11月17日(水)までにエントリーし、2022年1月25日(火)までにファンドレイジング(寄付集め)を行っていただきます!

エントリーの手順

  1. ①エントリー 大阪マラソンサイトにアクセスし、エントリー開始!
    チャリティランナー申込みページで寄付先団体として「認定NPO法人 日本クリニクラウン協会」を選んでください。
    ※エントリー時にご自身の寄付額1万円(※参加料23,550円別途必要)が必要です。
    ※参加料(23,550円※事務手数料を含む)は別途お支払いいただきます。
    (10月中旬にメールにてご案内)

  2. ②家族・友人・知人から寄付を集めよう 最初のご自身の寄付額1万円と合わせて、合計が7万円以上になるよう、友人・知人にメールや Face book等で宣伝し寄付を募ります。
    (日本クリニクラウン協会もサポートするのでお気軽にご相談ください。)

  3. ③目標金額7万円(最低寄付金額※チャリティランナー自身の寄付1万円を含む)達成で出場権獲得・手続き完了 2022年1月25日までに7万円(最低寄付金額※チャリティランナー自身の寄付1万円を含む)以上の寄付を集めたら出場権獲得で手続きが完了!
    寄付が集まらなかった場合も不足分を自分で寄付する事で参加する事が出来ます。
    ※寄付集めは私達も広報でお手伝いします。

  4. ④2022年2月27日(日) 大阪マラソン当日 認定NPO法人 日本クリニクラウン協会と一緒に 大阪を走りましょう!

チャリティランナーの嬉しい特典!!

  1. チャリティランナー専用受付(スムーズな受付が可能) EXPO会場のランナー受付ゾーンや大会当日の手荷物の受け渡しでは、待つことなくスムーズに受付を行うことができます。
  2. チャリティーランアー専用エリア(予定) スタート会場・フィニッシュ会場でチャリティランナー専用の更衣・給水・給食エリアが利用できます。
  3. オリジナルグッズ 大会組織委員会でつくる「なないろチャリティTシャツ(チャリティランナーVer)等の進呈。
  4. 寄付先団体名入りナンバーカード

さらに日本クリニクラウン協会のオリジナル特典!

  1. 日本クリニクラウン協会オリジナルグッズプレゼント
  2. 初めてのチャリティランナー向けオンライン説明会・交流会
  3. オンラインお疲れ様会開催予定

チャリティランナー以外での支援方法

  1. チャリティランナーへの支援 「走るのはちょっと…」と言う方は、チャリティランナーの皆さんのファンドレイジングを応援してください。
  2. SNSで応援 ハッシュタグ

    「#世界を変えるあかいはな」「#大阪マラソン」

    をつけて 赤い鼻をつけた画像をUP!
    ぜひシェアをしてみんなにも勧めてあげましょう!
    ※UPしていただいた画像は当日ランナーさんへの激励メッセージとして使用させていただきます。
  3. 大会当日のあかはな応援団 詳細は随時更新いたします。

    ※今年度は、新型コロナウイルスの感染拡大の状況を加味しながらの応援となります。
    大阪マラソンチャリティ事務局と連携をとり、対応していきたいと考えています。

支援の使途

ご支援していただいた寄付金は、小児病棟を定期的に訪問するクリニクラウン派遣事業やオンラインでのWeb訪問やYouTube配信などのクリニクラウンWeb事業と、講演会やチャリティイベントなどの啓発事業に使わせていただきます。

クリニクラウン(2名一組)の病院訪問費用(1回分)は、約3万円~15万円。これらは、クリニクラウン2名分の人件費、旅費交通費、健康診断ワクチン接種費用などです。クリニクラウンは、入院中のこどもたちを支える専門職として活動しています。だからこそ、小児がんや心臓疾患のこどたち、そしてターミナル期のこどもたちと関わることも多く、NICU(新生児集中治療室)やICU(集中治療室)にも訪問しています。そのため、医療スタッフのガイドラインに基づきワクチン接種を行っており、その費用がかかります。また、クリニクラウンに認定されるには約1年間の研修やトレーニングを経て、認定試験に合格する必要があります。認定後もスキルアップを目的とした研修会を年15回程度開催しており、クリニクラウンの研修を実施するための費用にも活用させていただき、入院中のこどもたちや家族を支えていきたいです。

コロナ禍、オンラインでのクリニクラウンWeb訪問を実施しています。病院には患者が自由に使えるWeb環境が整っていない場合が多くあり、タブレットの貸し出しなどを行っております。タブレットの購入費用や通信費、レンタルスペースなどの会場費や動画編集にも費用が掛かります。そして、安心して活動ができるようにクリニクラウンは、PCR検査をおこなっており、感染対策などの費用にも寄付金を充当したいと考えています。

また、「あかいはな」を通して、すべてのこどもたちがこどもらしく過ごせる、誰もが笑顔になれる社会を実現するための講演会やチャリティイベントなどに使わせていただきます。

「世界を変えるあかいはな~私たちの想い~」

入院中のこどもたちに「こども時間」を届けるクリニクラウン
「あかいはな」のチカラはそれだけじゃない
ふとした時に「あかいはな」をつけてみる
それだけで いつもの場所に 笑顔があふれていく
そのあなたの笑顔が 世界を幸せにする
わたしたちは「あかいはな」を通して
こどもがこどもらしく過ごせる社会を
そしてだれもが笑顔になれる社会を あなたと一緒につくりたい
「あかいはな」のチカラを信じて

世界を変えるあかいはな ロゴ