nn
  • Facebook
  • Instagram
  • twitter
  • CCになりたい方へ
  • 訪問を希望する病院の方へ
  • 講演依頼の方へ
  • メディア取材希望の方へ
  • 企業の方へ

支援する

#こども時間案内人

認定NPO法人ポケットサポート

「病気を抱える子どもたちが将来への希望を持ち、自分らしく暮らせる社会にしたい」

病気を抱えながら勉強を頑張っている子どもたち。
病気やケガを理由に長期欠席している子どもは全国に約46,000人います。

「友達と同じように遊んだり、勉強したり、友達と会話したい!」

子どもらしい時間を大切にするためにポケットサポートは
2015年からNPO法人化して活動を続けています。

<病気や障がいを抱えるこどもたちやきょうだいのためのおすすめイベント>

Youtubeライブ配信した【手話で「パプリカ」を歌おう&手話クイズ】を、 全国の子どもたちが家族やきょうだいと、いつでも楽しめるように公開しています!

説明がありません

https://www.youtube.com/watch?v=sLo6dfD8SqA&t=587s

Youtubeライブ配信した紙飛行機づくりの内容を、 いつでも楽しめるように公開しています! 自宅や病院で治療中の子どもたちだけでなく、 全国の子どもたちが家族やきょうだいと一緒に楽しめる 【簡単科学工作(イカ紙飛行機づくり)】をお楽しみください。

■簡単科学工作に必要なもの■

コピー用紙(A4サイズ) 1人につき3枚程度 ゼムクリップ 1人につき10個程度 セロハンテープ 1につき数カ所必要 裁縫糸(タコ糸でも可) 1人につき2メートル程度

説明がありません

https://www.youtube.com/watch?v=Q6KlocuIm8I

<団体紹介>

認定NPO法人ポケットサポート
https://www.pokesapo.com/

岡山市を中心に病気による困難を抱えた子どもたちへの支援を通して、慢性疾病の子どもたちが将来への希望を持って生活できるような活動を目的としています。長期の入院や療養によって、学習や体験の機会を失ってしまう、そのような病気によって生まれる空白を「ポケット」と呼んでいます。
「ポケットサポート」はそのような子どもたちを支援したいという思いから名付けられました。

主な支援活動は長期にわたる入院や治療、療養が必要な子どもたちへの学習や復学を支援しています。また、不足しがちな社会体験を補うイベント活動、孤立感解消のためのコミュニティ作り、それらに関する事業を行っています。支援者の中には、医療者、教育者、当事者も数多くいます。小児期に闘病経験のあるスタッフなど、病気の子どもたちの気持ちに寄り添う支援が行われていることが特徴です。また、活動を通じて病気の子どもたちの環境への理解が進むことで、彼らが安心して過ごせる地域や社会を目指しています。

※動画は、YouTubeのURLをおしらせいただけたら貼り付けることができます。


〇ホームページ
https://www.pokesapo.com/

〇Facebook
https://www.facebook.com/road.to.pocketsupport

〇Instagram
https://www.instagram.com/pokesapo/

〇Twitter

〇YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCyEpPsV2g37ok7E9ECqq_kA/featured