nn
  • Facebook
  • Instagram
  • twitter
  • CCになりたい方へ
  • 訪問を希望する病院の方へ
  • 講演依頼の方へ
  • メディア取材希望の方へ
  • 企業の方へ

支援する

クリニクラウンレポート

福井大学医学部附属病院でオンライン夏祭り開催!

小児病棟でのクリニクラウンオンラインイベントのプログラム開発

(助成:タケダ・ウエルビーング・プログラム)


7月28日(水)に福井大学医学部附属病院の小児病棟の夏まつりを、病棟のスタッフのみなさまと、のぞみお話の会のみなさんとクリニクラウンが開催しました!!

Zoomをつかったオンラインでの夏まつり!30分のプログラムを2回に分けて実施しました。

事前の打ち合わせの時に、夏祭りを盛り上げるグッズがあれば、さらに楽しさがアップするのではということになり、のぞみお話の会からうちわキットを。そして、日本クリニクラウン協会からは、お面、はっぴ、はちまきのワクワク夏祭りセットをつくって小児病棟におくりました。こどもたちだけでなく、スタッフの方も一緒に盛り上げてもらいたいとスタッフ分も一緒におくりました。

オンラインだけど、病棟全体が夏祭りの楽しくワクワクする雰囲気づくりにつながればとおもったからです。

そして、当日配布する夏祭りの招待状も作成!!

夏祭り当日に、スタッフの方とのぞみお話の会のメンバーと最終打ち合わせ!

参加者のこどもたちの様子・下の名前や年齢・人数を確認。

オンラインですが、みんなで円陣をくんで「がんばるぞ!エイ!エイ!オー!」と掛け声!

開始時刻前に、画面がつながったタブレットをこどもたちの病室にスタッフさんが配ってくださり準備OK!夏祭りのスタートです。

当日は、クリニクラウン“きゃしー”“かずぅ”“う~み”が登場!!

クリニクラウンが夏祭りの司会をしながら、みんなをもりあげていきます。

夏祭りの開会宣言は、病棟のドクターにお願いして先生や病棟のスタッフさんも盛り上げてくださいました。

こどもたちもワクワク夏まつりセットの中から好きなアイテムを選んで身に着けて、楽しんでくれています。

クリニクラウンからのクイズがあったり、のぞみお話の会のパネルシアターやエプロンシアターもあったり、盛りだくさんのプログラムで、こどもたちがすごく楽しそうにしていたのが印象的でした。

クリニクラウンがこどもたちの持っているうちわを発見して、画面で大きく表示すると、こどもたちは、自分が一生懸命作ったうちわをすごくうれしそうな表情でみせてくれました。

個性豊かな素敵なうちわをこどもたちが画面越しのクリニクラウンにむかってパタパタとあおいでみると・・・強風になってクリニクラウンたちが飛ばされて・・・。

夏まつりのラストは、病棟スタッフさんから終わりのあいさつ!!

大人もこどもも笑い声がいっぱいの夏まつりになりました!

終了後のスタッフの振り返りでは、

病棟のスタッフさんからは、

「病棟がすごく忙しい時期で、本当にできるか大変だったけど、できたことが本当にうれしい。すごく思い出になった」

「こどもたちの表情をみるとその子なりに楽しんでいるのがわかってすごく良かった。周りの子どもがどうしているのかみているこどももいて、こどもたちの表情をみるかぎり大成功だったと思う」

「こどもたちが一生懸命すごい時間をかけて作ったうちわを、クリニクラウンたちがすごい!とほめてくれて、画面越しにみんなに見せる機会をつくってくれて、みんなにほめてもらえて、自分で作ったうちわをつかって遊べたのがすごくよかった」

「こどもたちがいつもとは違う笑顔をみせてくれた。」という感想をいただきました。

のぞみお話の会のみなさんからは、

「自分たちだけではそこまで盛り上げることができなかったから、今回クリニクラウンさんとコラボできて、本当に楽しかった。」という感想をいただきました。

クリニクラウンからは、

「病棟スタッフさんが、開会宣言や終わりのあいさつに来てくれて、それだけでもこどもたちがすごくうれしそうにしていて、スタッフさんをうちわであおぐときは本当にいい表情をして力いっぱいあおいでくれていた。スタッフの方に参加してもらえたのがすごくよかった」「本当にたくさんの大人たちがこうして入院中のこどもたちのために、そしてみんなで夏まつりを盛り上げて楽しもうとしている姿を、こどもたちも体感することができて、すごくよかった。スタッフの方も夏祭りセットをきてオンラインだけどつながっているのを感じてよかったと思う。」という感想がありました。

そして、またやりたいという感想をよせていただきました。

この福井大学医学部附属病院の夏祭りは、「小児病棟でのクリニクラウンオンラインイベントのプログラム開発」として、「タケダ・ウエルビーング・プログラム2021」から助成をうけて、日本クリニクラウン協会が実施しています。

福井大学医学部附属病院、のぞみお話の会に協力いただき、実施することができました。

助成や協力してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

次回は、小児病棟でのクリスマス会プログラムの開発です。是非一緒に実施してみたい病院があればご相談ください!!

【事務局 熊谷】