nn
  • Facebook
  • Instagram
  • twitter
  • CCになりたい方へ
  • 訪問を希望する病院の方へ
  • 講演依頼の方へ
  • メディア取材希望の方へ
  • 企業の方へ

支援する

クリニクラウンレポート

認定NPO法人日本クリニクラウン協会の感染症対策の取り組みについて

新型コロナウイルス感染拡大の影響を考え、クリニクラウンの病院訪問の再開にむけて、2020年6月12日付で「新型コロナウイルス感染拡大予防にかかる標準的対策」を作成し、それに基づき実施しています。

2020年6月から一部病院で実際の訪問を再開。2020年度は、全国4病院をのべ20回訪問し、282名のこどもたちにこども時間を届けました。

コロナ禍の訪問では、 「クリニクラウンとこどもたちとの遊びの中での接触や道具の受け渡しはしない。」 「医療スタッフの方との接触もなし。」
「病棟内、病室内の環境にもできるだけ触らない」など、病棟スタッフとこどもたちと安心安全に関わるための打合せを行い実施しています。

訪問先病院から、 「新型コロナウイルス感染拡大予防にかかる標準的対策」が とてもよくできているので、病棟内のボランティア活動の際にも役立てたいので公開してほしいという要望があり、公開いたします。ぜひ、支援活動の参考にしていただけたら幸いです。また、これまでの当協会の感染症対策についても合わせて報告させていただきます。

1.「新型コロナウイルス感染拡大予防にかかる標準的対策」【2020年6月12日作成】

2020年6月27日のクリニクラウン研修会で、
「新型コロナウイルス感染拡大予防にかかる標準的対策」 についての研修を実施しました。また、病院訪問の際には、毎回「新型コロナウイルス感染拡大予防にかかる標準的対策」を確認し、対応しています。



2.「2020年度版感染症対策マニュアル」【2020年4月1日作成 協会内で使用】

クリニクラウンへ周知を行い、2020年4月8日(水)クリニクラウン研修会(ZOOM)で感染症対策についてのミニレクチャーを行った。

3. 感染症対策としての方針(抗体検査及びワクチン接種)【2018年3月更新】

クリニクラウンは、一般社団法人日本環境感染学会(http://www.kankyokansen.org/)の「医療関係者のためのワクチンガイドライン第2版」に基づき、ワクチン接種などの対応をしています。(黄色い部分が改訂しました。)

<これまでの取り組み>

①クリニクラウン研修生のときに、感染症対策マニュアルをもとに先輩クリニクラウンから衛生面についてのレクチャーをうけます。

②年1度、クリニクラウン研修会にて感染症対策などについて内部講師によるミニレクチャーをおこなっています。

※2019年度は、外部講師として、大阪医科大学附属病院 感染対策室 川西 史子氏を招き、「病院における感染対策」というテーマでお話しいただき、質疑応答などを行いました。

※2020年度は、「第2回Healthcare Clowningと療養環境を考える多職種勉強会で」 大阪医科大学附属病院 感染対策室 感染管理認定看護師 川西 史子 氏をお招きし、 「新型コロナウイルス感染症に病院がどう立ち向かっているのか?」というテーマで、講演いただきました。

新型コロナウイルスの感染拡大のなか、患者さんとスタッフを感染から守るために、病院では、新型コロナウイルス感染患者さんの受け入れをしながら、感染しない、感染を広げないための対策を実施しており、その対策をはなしていただきました。また、こどもたちの療養環境を支える支援団体は、どのようなことに気をつけて、こどもたちと向き合っていったらいいのか考える講演となり、クリニクラウンも勉強会に参加し、感染症対策について学んでいます。

2021年度からは、PCR検査体制が整ってきており、訪問するクリニクラウンはPCR検査をうけて、実際の病院訪問を実施しています。

これからも感染症対策に気を付けてながら、事業を実施していきたいと考えています。

【事務局 熊谷】